無呼吸症候群や自律神経失調症等わかりにくい病気を退治
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal medicine

飛蚊症の原因

飛蚊症は目の前に小さな浮遊物が飛んで見えるようになる病気です。紫外線を浴びると目の中に活性酸素が発生し、酸化していくことが主な原因とされています。ストレスや老化が引き金になっていることが多いです。

詳細へ!

難病と上手に向き合う

メニエール病と共に快適に過ごすためにも、ストレスを沢山発散して体の免疫力をあげるようにしましょう。また、食事のバランスに気をつけながらサプリメントも摂るようにしましょう。

詳細へ!

寝ている間の病気

ご両親のどちらかが脳卒中になられた方は危険因子があります。一度脳ドックを京都で受けていただくことをオススメします!

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠中にいびきがひどいと言われたことがある人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いといえます。睡眠時無呼吸症候群という病気は、睡眠中に呼吸が10秒以上止まったり、1時間の睡眠中で5回以上息が止まるのであればこの病気が疑われます。睡眠中のことであるため自分の息が止まっているとは気がつかないものです。昼間、無性に眠くなったり、いびきがひどい時には病院に行き検査をしてもらったほうがいいのです。睡眠時無呼吸症候群がひどくなってくると昼間に行動に影響を及ぼしてしまうのです。午後になると決まって眠くなったり、あくびが出てしまう、集中力に欠けるという症状が出てきます。睡眠時無呼吸症候群を自分でチェックすることも出来ます。自分で確認してみて気になるようであれば病院に行くことです。検査、治療については保険が適用されます。

治療法を選んで改善させよう

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に息が止まるという病気なのですが、どんな人がかかりやすい病気なのでしょうか。この病気は、太っている人だけではなく痩せている人でもなる場合があります。喫煙の習慣がある、飲酒の習慣があるなどの生活習慣がある人はなりやすいといえます。また、太り気味の人や、つい食べ過ぎてしまう人も危険なのです。高血圧や糖尿病の人も睡眠時無呼吸症候群になりやすいのです。血圧を下げる努力や食事の内容に気をつけるようにします。生活習慣を改めるとともに、病院に行き治療をすることが大切です。主な治療法は、マウスピースや外科的治療となります。または、CPAP療法という専門の機器をつけて毎晩寝るということになります。睡眠時無呼吸症候群を治療するには、時間がかかることになるのです。地道に治療をして改善していくのです。

視界に黒い点の様なものが見えている方は、もしかしたら飛蚊症かもしれませんよ!コチラに対策が掲載されていますのでご覧ください。

検査でわかること

がん検診やメタボリックシンドロームの検査は毎回きちんと受診していくことが大切です。検査結果からなにか病気がわかった場合は生活習慣を改めることが大切です。また、最近では脳ドックという脳の状態を調べるものもでてきています。

詳細へ!

様々な症状

体調があまり良くないことが続く場合、内科で検診を受けることが大切です。ちょっとしたことでも大きな病気が潜んでいることがあります。内科で異常がない場合は心療内科で自律神経失調症について調べてもらうこともできます。

詳細へ!

睡眠不足の時

人間は睡眠をきちんととらなければ、日中元気に活動することができません。しかし、中には睡眠をきちんととっているにも関わらず、睡眠不足の症状に悩まされる人がいますが、このとき無呼吸症候群が疑われます。

詳細へ!