無呼吸症候群や自律神経失調症等わかりにくい病気を退治
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal medicine

飛蚊症の原因

飛蚊症は目の前に小さな浮遊物が飛んで見えるようになる病気です。形状は糸や小さい粒で、色も黒いものから白いもの、半透明のものまで様々なものが見えます。視線を変えても、目をこすっても消えることはありません。明るい場所になればなるほど、はっきり見えるようになります。飛蚊症は、老化やストレスで発症することが多いです。現在具体的な治療法は確立されておらず、病院でも対応はできないと言われています。目は外から入った光を網膜に写して映像を結びます。しかし、有害な紫外線を同時に浴びることになり、目の硝子体中に活性酸素が発生していき、タンパク質や脂質が酸化していきます。免疫機能が正常であれば、すぐに酵素が分泌されますが、年齢とともに酵素の分泌が減少するため、飛蚊症になるという人が増えてきています。

私達の日常生活は、あまり目にいいと言えない状況です。目の活性酸素が増えることにより、飛蚊症や他のトラブルを併発することがあります。活性酸素が増える原因として、ストレスやイライラ、飲酒、喫煙があります。また、パソコン等で目の酷使を行なうことや、食生活の乱れがあると活性酸素が増えてくることがあります。抗酸化作用を持つビタミンE、Cやカロチン、ルテイン、ポリフェノール等を摂取するという方法があります。また、血管の目詰りを起こすと血液がスムーズに流れなくなり、目の細部まで栄養を届けることが出来ないので、血管内をクリーニングしてくれる食品の摂取等を行なうことが必要です。